MENU

人に迷惑をかけてしまった。罪悪感が消えないときの対処法。

こんにちは。お人よしコミュ障ブロガーのミヤモンです。

僕は今、某家電量販店でケータイ販売の仕事をしています。先日、うちの店に来た面倒くさそうなお客さんを、無責任にもケータイショップに誘導してしまいました。

自分の店の実績が足りていないこともあり、そのお客さんだけにあまり時間をとられたくないと思ってしまったのです。

その日の仕事が終わった後、あまりにも無責任で自分勝手な行いで、関係ない人に迷惑をかけてしまったなと、とてつもない罪悪感に襲われました。

このブログを読んでくださっている方にも大なり小なり同じような経験をしたことがある方がいるかもしれません。

時間にルーズでいつも遅刻してくる、自分の都合だけを優先してくるなど人の迷惑を考えない人は、どこにでもいると思います。

そのような人との接し方についての悩みであれば、少し距離を置くなど対処の方法はありますが、自分自身の身勝手な行いで人に迷惑をかけてしまったときの罪悪感は、どのように払拭すべきか分からない方も多いと思います。

そこで今回は、人に迷惑をかけてしまったと罪悪感を持ちやすい人の特徴と、そのような罪悪感を持ってしまったときの、対処法について自分なりの考えを書いていきたいと思います。

目次

罪悪感を感じやすい人の特徴

自己中心的で周りの人の迷惑を考えない人は、迷惑をかけている自覚がないことが多いです。

何かしらの理由をつけて、自分は悪くない、仕方が無いなど自分の行いを正当化しようとしてきます。

逆に、どんなに些細なことであっても、人に迷惑をかけてしまったと思い悩む人もいます。

そのような人はどのような特徴があるのでしょうか。

1 責任感が強く、自分を客観視できる

ほんの少し周りの人に迷惑をかけてしまっただけでも罪悪感を感じてしまう人は、もし自分が逆の立場だったらと、自分を客観的に視ることができます。

そのため、もっとこうすればよかった、自分でどうにかすべきだったと、後から一人で反省し、後悔することが多いです。

まじめな性格のため、自分のやるべきことは自分でどうにかすべきという意識が強く、自分が苦労することよりも人に迷惑をかけることのほうが抵抗を感じます。

責任感が強く、自分の行いを振り返って後悔することも多いため、人に迷惑をかけてしまったとき、人一倍罪悪感を感じやすのではないでしょうか。

2 日頃から周りの人に気を使いすぎている

人に迷惑をかけてしまった時、深く思い悩んでしまう人は、日頃から人の目を気にしていたり、周りの人に気を使いすぎている人が多いと思います。

あわせて読みたい
人の目を気にし過ぎて、自信をすり減らしていませんか? こんにちは。お人よしコミュ障ブロガーのミヤモンです。   人の目を気にし過ぎてしまう気質の皆様。辛いですよね、疲れますよね。 僕もです。 小さい頃から、周り...

そのような人は、周りの人に嫌われたくない、使えない人間だと思われたくないといういう意識が強いため、他の人に頼ったり、迷惑をかけることに抵抗があります。

そのため、ほんの些細なことであっても罪悪感を感じたり、嫌われてしまったのではないかと気にし過ぎてしまう傾向にあるのではないでしょうか。

人に迷惑をかけてしまった時の罪悪感を払拭するには

人に迷惑をかけてしまったと罪悪感を満ちやすい人の特徴を二つ挙げました。

普段から、周りの人に気を使って生活している人ほど、自分のせいで誰かが苦労している時など深く思い悩んでしまうのではないでしょうか。

ここからは、そのような罪悪感を持ってしまった時の考え方について、僕が普段から意識するようにしているたった一つのことについて書いていきます。

 自分だっていろんな人に迷惑かけられている

人に迷惑をかけてしまった時の罪悪感が中々消えないときは、自分が他の人のせいで苦労した経験、嫌な思いをした時のことや、自分が周りの人に迷惑をかけないために普段から意識していることについて考えてみて下さい。

  • 自分に関する有りもしない悪口・噂話を広められた
  • 約束をドタキャンされた、相手が待ち時間に大幅に遅れて来た
  • 雑用を押し付けられた、感謝の言葉すらなかった

など、誰にでも理不尽に迷惑をかけられた経験の一度や二度あるのではないでしょうか。

僕もそうなのですが、罪悪感を強く持ちやすい人は、普段から人に気を使い、自分は我慢することに慣れてしまっている人が多いと思います。

普段から人の頼みを快く引き受けていたり、迷惑をかけられているにもかかわらず、耐えることに慣れてしまっているため、それらのことを「まあ、いいか」くらいに考えている人もいると思います。

あわせて読みたい
優しい人は損をしているのか?自称お人よしの僕が考えてみた。 こんにちは。お人よしコミュ障ブロガーのミヤモンです。 「真面目で優しい人は損することが多い」と感じてしまう自称お人よしです。 実際に、自分は他人に対して優しく...

だから、たまには自分が人に迷惑をかけてしまうのも仕方ないくらいに心のゆとりを持つことも必要だと思います。

罪悪感を感じることは大事なことですが、あまり深く悩みすぎる必要はありません。

人に不快な思いをさせているにもかかわらず、反省しない人もいる一方で、罪悪感を持てる人は、自分の過ちに気づきしっかり振り返ることができます。

相手を思いやる気持ちの強い優しい人なのです。

申し訳ないことしたな、次からは同じようなことが無いようにしようと思えれば十分なのです。

普段から周りの人の気を使って気疲れしてしまったり、人のせいで迷惑がかかっても我慢しているのだから、自分のことも必要以上に責める必要はないのだと理解することが大切ではないでしょうか。

また、日頃から思い悩んだり罪悪感から自分を責めてしまうことが多いという方は、時には誰かに相談してみることもお勧めです。

自分の頭の中だけで考えていると、思考がまとまらずもやもや感が残りますが、人に話すことですっきりすることもありますよ。

身近な人には相談しづらい、かといってクリニックなどは少し怖いという方は、気軽に「心の悩み相談」などができる「ココナラ」というサービスもぜひ使ってみてください。

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ミヤモン
お人よしコミュ障ブロガー
友達なし、趣味なし、コミュ障。自分の人生の虚しさに時には自己嫌悪しながらも毎日マイペースに生きてます。
「毎晩充実感とともに眠りにつける自分になることが目標」
自分や自分の生活をちょっとづつ良くしていくための習慣、コミュニケーション、頭の使い方などについて発信していきます。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる