MENU

うまく言葉にできないと悩む方必読!『「言葉にできる」は武器になる』

こんにちは。お人よしコミュ障ブロガーのミヤモンです。

この記事を開いていただいた皆様は現在以下のような悩みをお持ちなのではないでしょうか?

 

  • 映画を観たり、本を読んだときその感想をほかの人にうまく伝えられずへこむ。
  • 日常の会話や会議などで自分の意見を求められたとき、一般的なことや自分でも何を言ってるのかわからないようなことしか言えない。
  • 自分のコミュニケーション能力に自信がない。そんな自分を変えたいと思い会話や雑談に関するスキルが書かれた本を読み、実践しようとするもうまいかない。
  • SNSやブログをやっており、多くの人に見てもらえるような文章を書きたいけれど、つまらない文章しか思い浮かばない。

 

 これらの悩みを抱える人の気持ちは非常によく分かります。なぜならば、上に挙げた悩みはすべて自分も日頃から感じていることだからです。

 職場の人と話す時も会話がすぐに途切れてしまう。自分のコミュニケーション力に自信がないから、ほかの人に話しかけることもできず、いつまでも周りの人と打ち解けられない。


世の中やっぱりコミュニケーション力なんだなとひしひしと感じている毎日です。

 この本は、私のようなコミュニケーション弱者でも、自分の言葉で話せるようになるための、シンプルでありながら奥深いプロセスが書かれています。

もし、自分の言いたいことがうまく伝わらない、コミュニケーションや人間関係で損をしない生き方をしたいと考えている方はこのページを読み進めてください。

 

目次

『「言葉にできる」は武器になる』を読み始めたきっかけ

 (自分語りが多いので、本の内容だけ知りたい方は読み飛ばしてくださいね。)

 人とのコミュニケーションが苦手な自分ですが、大学生時代、就職活動を目前に控えて(今さら)自分のコミュニケーション力の低さに危機感を覚えるようになりました。

自分はどんな人間で、この先どんな仕事がしたいのか、説得力を持った話をすることができなかったのです。

自己分析をしようにも、自分の長所や短所が具体的に思い浮かばない。自分はどんなことに興味があり、なぜこの進路を選んだのか、どんな仕事に就きたいのかが全く思い浮かばない。

「あれ、自分ってこんなに空っぽな人間だったのか」

と絶望したのを覚えています。

自己分析がこんな調子のため、当然面接でも的確な受け答えができません。的外れの回答をしたり、沈黙してしまったり目線がきょろきょろしていたりと、およそ面接と呼べるようなものではなく不採用の連絡ばかりでした。

 面接でこんなにも落ちるのはやはり自分のコミュニケーション能力のせいだと、次第に自己分析からは目を背け、コミュニケーションのハウツー本に頼るようになりました。

 タイトルに「コミュニケーション」とか「雑談」と書かれた本は、書店に行けばいくらでも置いてあり、その中には自分がこれまで意識したこともなかったようなことや、非常に納得させられるようなことが書いてあり、これまでの自分のコミュニケーションの取り方がいかに間違っていたものであったのかと実感させられました。

 これらのことを実践していけば自分も会話がうまくなる、面接もうまくいくと思っていました。

 しかし、皆様の想像通りそううまくはいきませんでした。それもそのはずです、いくら表面的なコミュニケーションのスキルを身に着けたところで、実際に話したい内容自体がなければ何の意味もないのです

特に面接という場においては。

 上にも書いたように自分は周りの人と比べて空っぽな人間した。

喜怒哀楽の感情が少なく、熱く語れるような趣味も価値観もありません。

これまで人とかかわることを極力避け、自分から行動していろんな経験を積んだりせず、何も考えずに生きてきた代償なのだと感じました。

そんな人間が小手先のスキルを身に着けたところで、たかが知れています、サークルやバイトを精一杯楽しんできた学生や留学などの経験をしている主体的な学生に比べてどうしても中身の薄い受け答えしかできず、悔しい思いをしたのを覚えています。

今まで過ごしてきた20年間は何だったのかと。

 そんなわけでひどく落ち込み、自己嫌悪に陥りましたが就活は待ってくれません。周りの学生が内定をもらっていく中、就活留年だけはごめんだという気持ちでいろんな会社を受けていました。

 この本に出合ったのはそんなときでした。面接のある会社の最寄り駅に早く着きすぎてしまったため、暇つぶしにふらっと書店に入りました。そこでこの本が目につきました。タイトルにはもちろん引き付けられましたがそれ以上に興味を持ったのは表紙に書いてあった一文でした。

「言葉にできない」ことは、「考えていない」のと同じである。

 当時の自分にとってあまりにも衝撃的な一文でした。

自分がなぜ面接で話せないのか、自分でも薄々気づいていてそれでも目を背けてきたその原因を、思い知らされました。

そうです、私はこれまでの自分の人生があまりにも空っぽであることに気づき、それを直視しまいと自己分析という自分と向き合う作業から逃げ、あわよくば表面的な自己PRで内定がもらえればと思っていたのです。世の中そんなに甘くはないですね。

 

『「言葉にできる」は武器になる』 

 皆様大変お待たせいたしました。自分語りが長くなってしまい申し訳ありません。いよいよ本の内容について触れていきたいと思います。

 この本はコミュニケーションスキルについて書かれた本ではありません。自分の思考や感情と向き合い、自分の伝えたいことをうまく言葉にするプロセスが書かれた本です。

即効性はありません。この本を読み、その内容を日頃の生活の中で常に意識することで少しづつ自分の言葉が磨かれていきます。

 

「言葉が意見を伝える道具であるならば、まず、意見を育てる必要がある」

           梅田悟司 2016 『「言葉にできる」は武器になる』 p26

 こちらがこの本における一貫したテーマだと思います。

就活時の私のようにいくらコミュニケーションのハウツーを学んだところで本質的に人との会話が上達することはありません。

それよりも重要なのは、自分の言葉を持つことです。自分の内面に意識を向け、どんな時にどんな感情を抱くのか、なぜそれを選択したのかなどどんなに些細なことに対しても自分の頭で考え言語化することで初めて自分の言葉になります。

 「なぜ今日の昼食にかつ丼を選んだのか」「どうしてこのユーチューバーを応援したくなるのか」など日常の中で自分の意見を育てる機会はありふれています。

その機会を見逃さず自分の頭で考えるという訓練を意識して行うことで、考えた内容を種に自然と自分の言葉を発することができるようになる。それがこの本のゴールだと思っています。

 では、どのようにして自分の言葉を生み出せばいいのか。この本の中では

①頭の中に浮かんだ言葉をアウトプットする。

②アウトプットされた言葉をもとにして考えを拡張する

③逆の考えやほかの人の立場で考える

の3段階の「思考サイクル」が重要だと述べられています。

 以下に、より具体的なプロセスを書いていきます。

1.頭にあることを書き出す(アウトプット)

 皆さんは、自分の趣味ややりたい仕事についてなど何かについて考えたとしても、人に話そうとすると話がまとまっていなかったり、どうしてこの結論に至ったのか忘れてしまったということはありませんか?

 その原因は、自分の頭では十分に考えたつもりでも実は、表面的にしか考えられておらず、また内容に一貫性がないからなのです。

 例えば、将来キャリアコンサルタントになりたいとしましょう。まずは、「なぜ」キャリアコンサルタントなのかと考えると思います。

 「就職できずに悩む人や仕事で精神的に追い詰められてしまう人を減らしたい」

  ⇩

 「なんでそう思ったんだっけ?そもそも自分にできるのかな」

  ⇩

 「資格とか必要?今の大学の学部と全く関係ないな。」

  ⇩

 「なんでこの学部選んだんだっけ?将来のことなんて全然考えてなかったからな。」

  ⇩

 「こんなことなら高校生の頃にもっと仕事のこととか調べとくんだった」

 という風に、若干流れに無理があるかもしれませんが、最初に考えていた内容との一貫性が徐々になくなっていっています。ブレブレです。しかし、多くの人が同じような経験をされているのではないでしょうか。

仕事について考えていたはずが、際限なく話が広がってしまい考えるほど混乱してくる。

 まさに思考の泥沼。一度はまったら抜け出せず、自分が何を考えていたのかすら忘れてしまい、別の問題について考えている。あるあるですね。

 そのような大惨事を回避するために必要なのがこのプロセス。

思考をアウトプットすることです。

A4の紙とペンを用意してください。後はひたすら頭に浮かんだことを書き出していきます。一枚の紙につき一つの内容を書くようにしてください。どんな些細なことでもとにかく何十枚でも書き出すことによって思考を次へ次へと進めることができます。

(もし、A4の紙がもったいない、やりづらいと感じる方は、ノートとふせんの組み合わせでも大丈夫です。)

2.「T字型思考法で考えを進める」(連想と深化)

 1で書き出した内容をさらに深め広げていく段階です。「なぜ?」で考えを深め、「それで?」で考えを進め、「本当に?」で考えを戻します。

 

 ①「なぜ?」で考えを深める。

 1で書き出した内容についてどうしてそう考えたのかを自分自身に問いかけます。上にあげた例でいえば「就職できずに悩む人や仕事で精神的に追い詰められてしまう人を減らしたい」と考えたそもそもの原因は何か。思い当たる経験やその考えに至った経緯を掘り下げていきます。

 ②「それで?」で考えを進める。

 書き出した内容について、それで結局どうしたいのか、何が言いたいのか、望む結果や相手に本当に伝えたいことが何かを具体的にしていきます。

「将来お金持ちになりたい」と考えるならば、その結果どうしたいのかという風に先のことを考えます。「人から尊敬されたい」「高級な外車に乗りたい」など、いろいろ出てくると思います。それらも余すことなくひたすら紙に書きだしていきましょう。

 ③「本当に?」で考えを戻す。

 自分で考えたことに対してそれは自分の本心なのかと一度疑いなおしてみます。「周りの人に言われたから」「ふつうはそうだから」といった考えを疑ってみることで、狭くなっていた視野を広げることができ結果として自分自身の言葉、願望が出てきます。

「本当に?」を繰り返しすぎるといつまでも考えが進まず挫折してしまう可能性もあります。考えがいきづまってしまった時などに使うようにしましょう。
 

3.同じ仲間を分類する(グルーピング)

 ここまで1.で考えを書き出し、2.で考えを広げてきました。続いてはここまでに出てきた考えを分類わけし、考えを整理していきます。
 まずは、ここまでに書いてきた何十枚もの紙(あるいは付箋)の中で似たような考えをしていると感じるものでそれぞれグループ分けしていきます。場合によっては、1つのグループに何十枚もの紙が集まり、逆に1枚だけのグループもできると思いますが、それは気にせず行っていきます。
 大方、グループ分けが終わったと感じたら、それぞれのグループに名前を付けていきます。
名前を付けることで、これまでの抽象的な思考に具体性が生まれるようになります。例えば「この先どのように生きていきたいのか」「学生時代の経験から感じたこと」「悲しい時に自分はこう感じる」など、そのグループに名前を付けることでそのグループ内それぞれの考えに共通項が見つかり思考が整理しやすくなります。
 

4.足りない視点に気づき、埋める(視点の拡張)

 考えを書き出し、それをグループ化すると、自分の中でどのようなことについてはよく考えられており、どのようなことについて考えが足りていないのかに気づくことができると思います。
 このステップでは、グループ化することで見えてきた自分自身の思考の癖の中からどの点について考えが足りていなかに気づき、それを埋めていきます。
例えば転職したいと考えたとき、「どんな仕事に就きたいか」と考えると思います。その中で「給料がいい」「出世できる」「一戸建ての家を建てたい」など物的欲求や社会的な地位を重視してる傾向があるなと感じたら、「自分にはどんな仕事が向いているか」「何がしたいのか」など仕事の内容に目を向けて考えを埋めていくと、これまで考えもしなかった仕事が思い浮かぶかもしれません。
 このように、これまで足りなかった視点について考えを横に広げていくのが大切です。
 

5.時間をおいて、きちんと寝かせる(客観性の確保)

 1.~4.のプロセスの中で自分の思考をアウトプットし、それを拡張していく作業を行ってきました。
 このステップでは、ここまで考えてきた内容をいったん忘れ、寝かせておきます。一つのことを長く考え続けていると気づかないうちに同じようなことばかり考えてしまい、考えが前に進まなくなってきます。そこで、十分思考が煮詰まってきたなと感じたらそれはいったんきっぱりと忘れ、ほかのやるべきことに集中します。
 2,3日経ってからまた同じことを考え始めるとすっきりとした頭で前回とはまた違う考え方ができるようになるでしょう。
 時間を空けてから再度同じことを考え直すことにはもう一つ大きなメリットがあります。同じことについて考える機会を2回作ることでより自分の思考が定着しやすくなることです。
 何か知識を身に着けようと考えたとき重要なことは繰り返しインプットを行うことです。そしてそれは自分の言葉を生み出すことについても同じではないかと考えています。
 一度頭の中で考えただけでは、すぐに忘れてしまい自分の意見としてはなかなか定着しづらいと思います。A4の紙にひたすら自分の思考を書き出すことがアウトプットであると考えれば、時間をおいてから再度前回考えたことを思い出すこのステップはインプットであると考えることができます。
 一度間をあけたうえでもう一度同じことについて考えるこのステップを確実に行うことで、自分の思考がより自分の意見として定着しやすくなります。
 

6.真逆を考える(逆転の発想)

 十分に時間を置いたうえで再度考え直すステップです。ここでは4.のステップのように、自分の思考の中で足りない点に気づき埋めていく作業を再度行います。
 しかし、このステップでは抜けている視点を埋めるだけでなく、これまでの思考の「真逆」について考えていきます。ここまでに考えてきたことは、自分の思考をもとに広げ深めてきたものになりますが、ここでこれまでの自分の考えでは到底及ばなかったであろう内容についても考えていきます。
 しかし、いきなり自分の考えの真逆を考えるといっても難しいと思います。安心してください。この本では真逆を考えるコツについても書かれています。それが3つの真逆のバリエーションで考えることです。
 1「否定としての真逆」
 「○○ではないもの」について考えていきます。
 できる⇔できない
 強味⇔弱み
 欲しい⇔欲しくない
 
 2「意味としての真逆」
 相対する意味を持つ方向の思考へと進めていきます。
 希望⇔不安
 本音⇔建て前
 お金⇔やりがい
 
 3「人称としての真逆」
 自分中心の考えから抜け出し、ほかの人の視点から考えることで、思考を広げていきます。
 主観⇔客観
 同期⇔先輩(後輩)
 知人⇔知らない人
 
 この3つの真逆について考えることで、これまでの自分では考えられなかった新鮮な考え方ができるようになり、思考の幅がより広くなっていくと思います。
 

7.違う人の視点から考える(複眼思考)

 ここまでのプロセスの中で、自分の思考をアウトプットし、広げ、深めたうえで、その真逆を考えることで自分の中でしか考えられていなかった思考の幅をさらに広げる作業を行ってきた。
 最後のプロセスは、特定のだれか(彼女、上司、取引先の責任者)を思い浮かべその人になりきることで想像力を膨らませていく。これにより、6.のプロセスで行った真逆を考えるよりもさらに自分の視点から離れた考え方をできるようになります。
 あの人だったらどう考えるだろうと特定の相手の思考をトレースすることで相手の見ている視点でものが見れるようになります。
 例えば職場の上司と仕事で対立してしまったとき、相手の立場に立って考えてみると素直に自分の非を認めることができるようになるでしょう。
「自分が上司の立場だったら、自分にはこうしてもらいたかった」「あの口のききかたは失礼だったな」と冷静に自分の行いを振り返ることもでき、次からの改善につなげることもでき、相手の考え方がより理解できるようになるはずです。
 これまでの自分中心の物事の見方に新しい視点が増えたことで思考の幅はより広がりを持ちます。自分の身近にいる特定の誰かは自分の視点を広げるうえで非常に重要な存在になるといえるのです。
 
 

「言葉にできる」を習慣にしよう

 以上が、自分の意見を育て、言葉を生み出すための思考プロセスになります。まず何よりも重要になるのが、自分の意見としっかり向き合いそれを丁寧に育てていくことです。
 
 どれだけコミュニケーションに関するテクニックを学んだところで、私のように空っぽな人間では相手の心に響くような話をすることはおろか日常会話すらまともに成り立ちません。
 
 常に思考する癖を作ること。そしてそれ自体はさほど難しいことではないと思っています。通勤・通学中、夜寝る前の数分、ご飯を食べながらでも私たちは何かしらのことを考えています。ただそのことに意識を向けられていないために、何も考えていないように感じてしまうのです。より積極的に考える習慣をつけていきましょう。ふと感じたことを掘り下げ「なぜそう感じたのか」を考えるようにしましょう。
 この習慣を忍耐強く続けていくことで、自分の言葉を言語化しやすくなります。自分がどのような人間なのか、どんな時にどんなことを考えるのか次第に分かってくるようになるでしょう。
 自分のことを深く知り、自分はこんな人間ですと的確に伝えられるようになることは実はとても重要なことだと思っています。
 
 例えば皆さんが初対面の方と会ったとき「この人と仲良くなりたい」「尊敬できるな」と思えるのはどのような方でしょうか。
「清潔感がある」「物腰が柔らかく穏やかな雰囲気」など人によって違いはあるでしょうが、「自分の考えていることや思いを説得力を持って語れる人」「自分の言葉に自信を持っており、自分の価値観の軸をしっかり持っている人」は純粋に「この人すごいな」と思うのではないでしょうか。
 誰かと話す時、特に初対面の方と話す時には、相手との関係性を深めるうえで、自分の言葉で話せることは必須のスキルなのです。
 

「言葉にできる」は人生を変える

 進学、就活、転職、恋愛、、、自分はどんな人間で、どんな経験をしてきていて、どんなことができるのか、自分の言葉で語れるようになることで人生はぐっとうまくいくようになると思います。自分にも自信がつき人とのコミュニケーションにより積極的になれるでしょう。
 私のようなコミュ障は、自分から人に話しかけてすぐに話が途切れてしまったり、的外れな受け答えをして変な空気になることを極端に恐れるから自分から話しかけることができないのです。
自分の言葉を持つことでそのような事態も少しづつ減らしていくことができると思っています。
 
 
 何度か書いてきましたが、この本を読み、思考プロセスを数回実践しただけで、すぐに自分の言葉で話せるようになったり、短期間で劇的にコミュニケーション力が磨かれるということはありません。
 日頃から、自分の感情・思考に意識を向け、それを深めていくことで自分の言葉が着実に磨かれていきます。
 
 コミュニケーションで損をしないために、一緒に自分の言葉を磨いていきましょう。
 
 最後まで忍耐強く読んでくださりありがとうございました。
 
 P.S.
    このブログで書いた7ステップの思考プロセスはこの本の内容の一部です。この本の後半には、思考プロセスにより生み出した言葉をより強く相手に伝えるための具体的な方法論も書かれています。
 興味ある方は、ぜひ書店で手に取ってみてください。
ミヤモン
お人よしコミュ障ブロガー
友達なし、趣味なし、コミュ障。自分の人生の虚しさに時には自己嫌悪しながらも毎日マイペースに生きてます。
「毎晩充実感とともに眠りにつける自分になることが目標」
自分や自分の生活をちょっとづつ良くしていくための習慣、コミュニケーション、頭の使い方などについて発信していきます。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる