MENU

iphone12miniレビュー。12Proと迷った末にminiを選んだ訳。

こんにちは。お人よしコミュ障ブロガーのミヤモンです。

約2年半使っていたiphone8からついに12miniへ機種変更しました。

個人的にホームボタンや指紋認証の使い勝手の良さがすごく気に入っていたので、正直8から変えることには抵抗があったのですが、実際に12miniを使い始めた感想としては、非常にいいです。(特にカメラ性能の進化とか感動しました!)

今回は12miniのレビューと、僕が4機種ある12シリーズの中でminiを選んだ理由について書いていこうと思います。

 

目次

iphone12miniを選んだ理由

結論から言うと「コスパ」「サイズ」で選びました。

 

iphone8から12シリーズに変えようと思った時、僕が一番ネックだったのはホームボタンが無くなることだったんですね。

12シリーズにはホームボタン搭載のものが無いため、それ以外の「何を基準に選ぶか」を洗い出しました。

「価格」「大きさ」「カメラ」「バッテリー」「カラーバリエーション」などなど悩みぬいた末、最終的にはProとminiが選択肢として残りました。

miniと比較したときのProの魅力としては、

  • フレームがステンレススチールになっているため光沢があり高級感を感じる。(12、12miniはアルミ)
  • バッテリー持ちがいい
  • カメラ性能がいい(12、12miniには搭載していない「望遠カメラ」と「LiDARスキャナ」がついている)

などがあります。

LiDARスキャナとは                  「赤外線を利用して正確に奥行きを計算するセンサー」のことです。これにより、暗いところで写真を撮るときも、背景をぼかせるポートレートがきれいに撮れたりオートフォーカスが使えます。暗い場所で人などをよりきれいに撮りたい方などはProをお勧めします。

特にカメラ性能においてはminiに比べて非常に優れているため、3万円ほど高くてもProを選ぶべきかとすごく悩みました。

ただ冷静になって考えると僕はあまり写真を撮る方ではないなと思ったんですね。

最新機種にしたら写真ももちろん取りたいけどProほどの性能は必要なのかと。

 

最終的に、今まで使ってた8とほとんどサイズが変わらず、12シリーズの中で最も手軽な価格のminiが僕には最適だと感じたのです。

 

iphone12mini レビュー

ここからは12miniのおすすめポイントを紹介していきます。

 デザイン

12miniの魅力といえばやはりそのサイズですよね。

他の12シリーズや去年の11シリーズに比べて軽量かつ小型なため非常に操作のしやすいデザインになっています。

外出時など片手でも扱いやすいのは非常に大きな魅力ですよね。

iphone12シリーズは4機種とも側面が角ばっているため手に持った時のフィット感も最高でした。

 

12miniのサイズについては以下のようになっています。(参考までに僕がこれまで使っていた8との比較も書いておきます)

iphone12 mini

ディスプレイ   5.4インチ              

サイズ  高さ 131.5㎜ 幅 64.2㎜

     厚さ   7.3 mm    重さ   133g

iphone8

ディスプレイ   4.7インチ              

サイズ  高さ 138.4㎜ 幅 67.3㎜

     厚さ   7.4mm      重さ   148g

8と比較して若干スリムになっていて、本体自体も軽くなっています。

ホームボタンがなくなっている分、ディスプレイは淵いっぱいまで広がっているため画面内の情報量は8よりも多くなっています。

片手で操作しやすいサイズにもかかわらず、画面が見やすくなっているため、動画をよく見る方、地図をよく使う方にとってはうれしいですよね。

 

カメラ

12miniはカメラ性能も非常にいいです。

広角レンズ・超広角レンズのデュアルレンズ仕様で、どちらも画素数は1200万となっています。

先ほども書いたように、12Proと比べると望遠カメラやLiDARスキャナの有無という点で劣ってはいますが、よほど写真にこだわりのある方でなければminiでも十分すぎるほどきれいな写真は撮れます。

というのも、今年の12シリーズはすべての機種で「ナイトモード」に対応しています。(去年の11ではProシリーズのみ対応でした)

そのため、夜景や暗い場所での撮影に関してもポートレート撮影などにこだわらなければ、miniでもかなり明るくきれいな写真が取れますよ。

 

参考までに12miniと8で撮った写真を比較してみたいと思います。

8で撮ったものと12miniで撮ったものを見比べると、12miniで撮った写真のほうがより明るく撮れているのが分かると思います。

これは、F値(絞り値)と呼ばれる、レンズの明るさを表す数値が関係しているんですね。

F値が小さいほど、光を取り込める量が増え、より明るい写真が取れるといわれています。

夜間や暗いところでの撮影においても8などと比べ、より明るくきれいな写真が撮れるようになっていますよ。

バッテリー

サイズ、コスパの良さなど非常に魅力的な12miniではありますが、サイズが小さいがゆえにバッテリー持ちの悪さに関しては不満を感じるかもしれません。

僕も今回機種変更する前にiphone12についてのレビュー記事をいくつか読みましたが、miniの欠点としてバッテリー持ちを挙げている記事が多かったですね。

特に今後5G通信が本格的に普及し始め、あらゆるところで利用できるようになれば、外出先でのバッテリー消費も増大することが考えられるので、一層バッテリーの持ち具合は大切になってくるのではないかと思います。

実際に12シリーズのバッテリーについて比較していきます。

ビデオ再生  オーディオ再生

12mini         15時間     50時間

12           17時間       65時間

12Pro          17時間                  65時間

12Pro Max 20時間      80時間

やはり他の機種と比べるとバッテリーの持ち時間は短いですね。

ミニサイズゆえに仕方のないところではありますが、外出先での利用がメインになる方などにとってはかなり悩ましいところかもしれません。

 

ただ実際に僕が2週間ほどminiを使ってみた感想としては、当初思ってたほど悪くもなかったです。

僕は職場まで電車で片道約1時間かかるため、電車内では動画見たりニュースサイト見てることが多いのですが、家に帰りつくまでにバッテリーが無くなったことは今のところありません。

むしろ結構余裕があります。

使い方によって個人差は当然あると思いますが、朝家を出る前に90%くらい充電しておけばそこまで問題ではないかと感じています。(モバイルバッテリーを持ち歩くという手もありますし)

 

まとめ

以上12miniのレビューをさせていただきました。

今回発売された12シリーズは4機種もあったためどれを購入するか悩む方も多いと思います。

僕もさんざん悩んだ末にminiにしましたが、最良の選択だったと感じています。

とにかくコンパクトで使いやすい・持ちやすい。

写真もこれまでの8と比べてかなりきれいに撮れます。

最新のiphoneに変えたいけどそこまで高いのは必要ないという方やとにかく小さい機種がいいという方は迷わずminiを選ぶべきだと思います。

この記事がiphone12への機種変更を考えている方にとって少しでも参考になれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

ミヤモン
お人よしコミュ障ブロガー
友達なし、趣味なし、コミュ障。自分の人生の虚しさに時には自己嫌悪しながらも毎日マイペースに生きてます。
「毎晩充実感とともに眠りにつける自分になることが目標」
自分や自分の生活をちょっとづつ良くしていくための習慣、コミュニケーション、頭の使い方などについて発信していきます。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる